カテゴリー
和装小物

広衿とバチ衿

着物の衿の幅は、着た時は5~6㎝くらいですが、

着る前は、広衿とバチ衿で異なります。

広衿はバチ衿の2倍くらいの幅があります。

広衿は着る時に半分に折って着ます。

真ん中あたりにスナップボタンが付いていたりします。

バチ衿は最初から半分に折って縫われているので、そのまま着ます。

正絹(しょうけん)の着物は広衿で仕立てられているものが多いです。

バチ衿の代表格は浴衣ですね。

どうせ折るのだから最初から半分に折って縫われているほうが楽なのに…

と思った方、私もそうでした。

カジュアルに着ようと思っていたので「バチ衿に限る!」思っていました。

ではなぜ広衿にお仕立てするのかというと、

着る際に半分に折ることで折り目がふっくらとして高級感が出る

ミリ単位で折る幅を変えることで、襦袢の衿の幅に合わせて微調整できる。

着物と襦袢をセットで仕立てた時は問題ないのですが、

リサイクルで買ったものや、知人からの頂き物の着物など

それぞれに合わせた襦袢を作れるわけではないのでね。

既製品の襦袢や半襦袢など色々買って気付いたのですが、

襦袢の衿の幅って、意外と違ってたりするんですよ~。

ミリ単位ですけどね。

着姿は数ミリで劇的に見え方が変わるのです。

準備品リストには、「着物(広衿のもの)」としています。

無ければ当方の手持ちの着物をお使い頂くこともできますが(身長150〜165cmの方用)

お家での復習は必須となりますので、できればご自分の物が望ましいです。

ただ、高級な訪問着など汚したくないものは

あまり練習用にはなさらないほうがいいと思いますので、

そういう場合もご相談ください。

広衿の着物