カテゴリー
着付けあれこれ

着姿の比較

図らずも、面白い比較画像が撮れたので載せておきます。

同じ着物を2日連続で着ました。

下に着た半襦袢は変えました(帯も違いますがここは問題にしません)。

1日目の半襦袢は、衣紋(えもん)が抜けやすく作られたもので、2日目は普通のもの。

何も考えずに着たところ、1日目は衣紋がしっかり抜けましたが、2日目はあまり抜けていませんでした。

さらに、裾の長さも違っていました。これはたまたまなので半襦袢のせいではないのですが、踵が見えるか隠れるかで、股下の長さが違って見えます。

衣紋が抜けているほうは、腰の位置が高く見え、裾の長さと相まって余計に脚が長く見えます。

1日目のほうが背筋がピンとして見え、2日目は猫背に見えます。

着物は洋服と違って、基本の形は同じです。でも、着かたによって脚が長く見えたり短く見えたり、スラッと見えたりずんぐりと見えたりします。

目の錯覚で、数センチ、いや数ミリの違いが大きく印象を変えたりします。

ここが着物の面白いところ。

様々なシーンに応じて着分けることで、一枚の着物でも様々に演出できる。幼く見せたり艶っぽく見せたり、使い分けられるようになったら楽しいだろうなと、まだ「たまたま」そうなってしまうレベルの自分は、思うのであります😅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です