カテゴリー
着付けあれこれ

IKKOさんの秘密

洋服には毎年流行があります。

バブルの頃は大きな肩パッドの入ったスーツが流行りました(懐かしい😌)。

着物にも流行はありますが、洋服のように目まぐるしくはないので、SDGsが叫ばれる今の時代にとても合っている衣服だと思っています。

着物は洋服と違って基本の形が同じです。ですが、着かたひとつで色々な見せ方ができます。

例えば…

着物は撫で肩の人のほうが似合うと言われます。

とはいえ体系は人によって様々ですから、必ずしも着物が似合う体型の人ばかりではないはず。

美容家のIKKOさん

着物姿が印象的ですね。

彼女(?)は男性なので、しっかりとした骨格をされていますが、着物姿は撫で肩で女らしく見えませんか?

あの方の衿の合わせ方、独特ですよね。

左右にすごく開けて、首の付け根を露わにされています。

これ、普通の女性がやったら下品になると思うのですが、IKKOさんだと不思議と似合って見えます。

それによって肩幅が狭く見え、首の太さも気にならず、はんなりと見えます。

肩幅も上背もあるIKKOさんを、如何に着物美人に見せるか、着付け師の腕の見せどころ、といった感じでしょうか。

標準体型の日本人女性なら、あそこまでやる必要はないですが、いかり肩の方は首の横を開け気味に着ることで、撫で肩に見せることができます。

やり過ぎ注意ですけどね😅

というわけで、トルソーに着せて比較してみました。

和装用のトルソーなので理想体型に作られていますから、普通に着ても決していかり肩ではないのですが、IKKOさん風にしたら、さらに撫で肩に見えます。

分かりやすいように大げさに差をつけてみました。

繰り返しますが、やり過ぎると下品になりますので要注意です😁

ちなみに、IKKOさん風のほうは、必然的に衣紋も大きく抜くことになります。

半衿の模様の位置を比べると、その差が感じられるかと思います。

着る人の体系に合わせて立体的に作る洋服に対して、平面の布を身体に沿わせて着付ける着物。

様々な体系に順応できる懐の深い衣服。

とても日本的だなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です