カテゴリー
和装小物

着物は巻スカート

着物の下着のひとつ、裾除け(すそよけ)

先日、リサイクルショップで、未使用の裾除けを買ってきました。

白くてレースの部分がいかにも昭和な感じ。

元々そのまま使う気はなく、これを使って「なんちゃってホムシュヘム※」を作ろうと思っていました。※ホムシュヘムとは、裾除けの下の部分がプリーツスカートのようになったhomsueさんのオリジナル商品です。

その前に、この“白”をなんとかしたいと思い、思い切って染めてみました。ダークブラウンです。

白からこげ茶色になっただけなのに、昭和感が消えました。ムラになっている部分は御愛嬌😅

普通はこの上に長襦袢を着ます。とはいえ、着物は巻スカートのようなものなので、風が強い日や車の乗り降りの時など、裾がめくれてしまうことがあります。そんなとき、白や薄いピンクの生地が見えるより、ちょっと暗めの色のほうが恥ずかしくないと思うのです。

想像以上にいい感じになってしまって「なんちゃってホムシュヘム」の材料にするにはもったいない気がしてきました😝

使った染料はこちら↓

色止剤は必ずしも必要ではないようですが、一応使ってみました。とはいえ当分は他のものと一緒に洗うのは避けようと思います。

ちなみに一度染めた液を使って、ステテコも染めてみました😁

レースの部分の素材の違いで、染まり具合が変わって面白い仕上がりになりました。

ふだん着きものの下に着るのなら、こんな感じで楽しむのも悪くないのでは?😊

カテゴリー
おでかけ 和装小物

ブローチを帯留めに

同業者の情報交換会に参加してきました。

寒かったのでタートルインで和洋ミックスコーデです。

帯は半幅帯で、くノ一結び(というらしい)にしました。

半幅帯なので帯締めはやめようと思っていましたが、何となく間が抜けたように感じたので、帯留めに見立ててピンブローチを刺してみました。

帯留めは、通常は三分紐など少し細めの帯締めに通して使う帯の装飾品です。

半幅帯は元々帯締めが無くても落ちてこないように結びますが、飾りとして帯締めをすることがあります。

その時に、帯留めを付けたりします。

赤がちょっと入るだけで、良いアクセントになりました。

この半幅帯は化繊なので、針を刺すのも抵抗がありません。

上等な正絹の帯などはやめておいたほうがいいかもしれませんね。

カテゴリー
和装小物

半衿あそび

姉がルームパンツを縫ってくれました。

裾がスカラップになっていて可愛らしいです。

これからの時期、部屋着としても活躍しそうです。

刺繍が素敵だったので、布の残りがあったら半衿に使えそうだなぁと言いましたら、余った分をくれました。

で、半衿あそびをしてみました。

ちょっと暑苦しいな…
衿を隠してみたら…
スカラップを折り返してみたり…
スカラップを隠してみたり…
横から見ると…

スカラップの部分をブラウスの衿のように覗かせて和洋ミックスっぽくしてみたり、折り返したり、隠したり…

襦袢には一度取り付けただけです。

生地は一枚のもので、特に加工はしていません。

1枚のハギレでここまで楽しめる。

半衿って面白い☺️

カテゴリー
その他 和装小物

ロゴマークの活用

ロゴマークのゴム印を作りました。

布用の油性インクで腰紐に押してみました。

着物を着る際に、腰紐は中心をつまんで持ち上げます。

その目印になるように長さの半分の位置に押しました。

3パターンつくってみたけど、どれがいいかなぁ🤔

生徒さんにアンケートを書いてもらったお礼にプレゼントしようかと画策中😌

カテゴリー
和装小物

腰紐・胸紐・仮紐

準備品リストに「腰紐」とあります。

リンク画像をご覧になれば「紐」であることはお分かりいただけるとは思いますが

「腰」という文字が付いていますね。

着物は洋服と違ってボタンやファスナーは付いていません(広衿を止めるためのスナップが付いているものはありますが、昔はそれも糸でした)。

まっすぐな布を体にまとい、紐を使って止めていきます。

この時に使うのがいわゆる「腰紐」なのですが、

この腰紐という呼び名…

同じ紐でも「胸紐(むなひも)」と言ったり「仮紐」と言ったりするんです。

同じ紐なのですが、使い方で呼び名が変わる。

結ぶ位置(腰や胸)や目的(仮に結んで後でほどく)によって呼び方が変わります。

なので、レッスンの時、「腰紐」と言ったり「胸紐」と言ったり「仮紐」と言ったりしますが、紐自体は同じものです。

この腰紐にも色々な種類があり、準備リストの画像は「モスリン(ウール)」の物です。

モスリンは滑りにくくしっかりと締まるので使いやすいです。

化繊のものはスルスル滑って結びにくいです。

ゴムでできたものもあります。

ゴムは楽なようにも思いますが、ちょうどいい長さにしておかないと

逆に苦しくなったり、着崩れたりします。

カテゴリー
和装小物

広衿とバチ衿

着物の衿の幅は、着た時は5~6㎝くらいですが、

着る前は、広衿とバチ衿で異なります。

広衿はバチ衿の2倍くらいの幅があります。

広衿は着る時に半分に折って着ます。

真ん中あたりにスナップボタンが付いていたりします。

バチ衿は最初から半分に折って縫われているので、そのまま着ます。

正絹(しょうけん)の着物は広衿で仕立てられているものが多いです。

バチ衿の代表格は浴衣ですね。

どうせ折るのだから最初から半分に折って縫われているほうが楽なのに…

と思った方、私もそうでした。

カジュアルに着ようと思っていたので「バチ衿に限る!」思っていました。

ではなぜ広衿にお仕立てするのかというと、

着る際に半分に折ることで折り目がふっくらとして高級感が出る

ミリ単位で折る幅を変えることで、襦袢の衿の幅に合わせて微調整できる。

着物と襦袢をセットで仕立てた時は問題ないのですが、

リサイクルで買ったものや、知人からの頂き物の着物など

それぞれに合わせた襦袢を作れるわけではないのでね。

既製品の襦袢や半襦袢など色々買って気付いたのですが、

襦袢の衿の幅って、意外と違ってたりするんですよ~。

ミリ単位ですけどね。

着姿は数ミリで劇的に見え方が変わるのです。

準備品リストには、「着物(広衿のもの)」としています。

無ければ当方の手持ちの着物をお使い頂くこともできますが(身長150〜165cmの方用)

お家での復習は必須となりますので、できればご自分の物が望ましいです。

ただ、高級な訪問着など汚したくないものは

あまり練習用にはなさらないほうがいいと思いますので、

そういう場合もご相談ください。

広衿の着物
カテゴリー
和装小物

半衿の役割

半衿とは

長さ120cm前後、幅15cm前後の端切れのようなもの。

襦袢の衿に取り付けて使います。

襦袢の衿を汚さないために付けます。

衿は首に付く部分なので、結構汚れます。

汚れたら外して洗います。

私は洗濯できる素材のものを使うことが多いです(洗える絹のものもあります)。

襦袢をお持ちの方は、ご自分の襦袢の衿の部分をよーく見てください。

綺麗な布で覆われていますか?→半衿が付いている

それとも、さらしのような木綿地ですか?→半衿が付いていない

ネットなどで購入した襦袢には最初から白い半衿が付いていることがほとんどです。

その場合はそのまま使えます。しかも化繊なら半衿を付けたまま洗濯機で洗えちゃいます。

もし、さらしのような木綿地になっているとしたら、レッスンにお越しの際は半衿を付けた状態でご持参くださいね。

中には刺繍の施された豪華な半衿が付いている場合もあるかも✨

アンティークの襦袢などに、おしゃれな半衿が付いていることもあります♪

ところで、半衿ってどうやってつけるの?

①針と糸で縫い付ける

②安全ピンで止める←私はこっち派(笑)

半衿用の両面テープなども売られていますが、糊が布地に残ったりするのでお勧めしません。

付け方は YouTubeなどで検索すると色々と出てきます。

私は着物を着始めた頃は、最初から半衿がついている襦袢で着ていました。

徐々に半衿の面白さが解るようになると、自分で端切れで作ったりするようになりました。ピンキングばさみで切るだけですが(笑)

同じ着物を着ていても半衿を変えるだけで雰囲気がガラリと変わります。

着物の醍醐味のひとつだと思っています。

季節感を表現するアイテムにもなります。

半衿の役割は襦袢の衿が汚れるのを防ぐだけではないのです。

半衿と足袋は「白」であれば無難ですが、普段着としてカジュアルに着る時は

色々な色柄のものを楽しんでみてはいかがでしょう。

画像は、上から

ちりめんの端切れ

レースの幅広のリボン?(下に色のついた半衿を重ねるのも面白い)

灰桜色のちりめん(既製品)

刺繍生地の半衿(ワイヤーブレイド半衿byTsubakian)

カテゴリー
和装小物

準備品リストの写真について

着物を着るための小物や道具は色々とありますが、それぞれの物ごとに様々なメーカーが色々とアイデア満載の商品を出されています。

私はずっと独学で着付けを習得してきましたので、誰かがお薦めされている小物類をついつい買って試したくなり、帯板だけでも10枚くらい持っていたりします(笑)

でも、準備品リストに載せる写真は、なるべくオーソドックスなものにしないとね。

それでも、他にこういうのもあるよ!と言いたくて仕方ない(笑)

帯板と衿芯は2種類ずつ写真に撮りましたが、2つずつ必要というわけではございません。帯板は、ゴムベルトが付いているタイプと付いていないタイプがありますのでお好みでお好きなタイプをという意味です。

衿芯は、画像ではわかりにくいですが、1枚はプラスチックのつるっとしたタイプで、もう1枚はメッシュのものになります。メッシュのほうが柔らかいので、衿が首に沿う感じになります。

カテゴリー
和装小物

準備品リスト

着付けを習うのに、まず何を揃えればいいのか分からないという方のために

リストを作ってみました。

過去にどこかで習ったことのある方は

それぞれの教室によって使うものが違う場合もありますが

当教室では特殊な器具は使いません。

名前だけではピンと来ないものもあるかと思い

画像をリンクさせてみました。

ご参考になれば幸いです。