カテゴリー
着付けあれこれ

IKKOさんの秘密

洋服には毎年流行があります。

バブルの頃は大きな肩パッドの入ったスーツが流行りました(懐かしい😌)。

着物にも流行はありますが、洋服のように目まぐるしくはないので、SDGsが叫ばれる今の時代にとても合っている衣服だと思っています。

着物は洋服と違って基本の形が同じです。ですが、着かたひとつで色々な見せ方ができます。

例えば…

着物は撫で肩の人のほうが似合うと言われます。

とはいえ体系は人によって様々ですから、必ずしも着物が似合う体型の人ばかりではないはず。

美容家のIKKOさん

着物姿が印象的ですね。

彼女(?)は男性なので、しっかりとした骨格をされていますが、着物姿は撫で肩で女らしく見えませんか?

あの方の衿の合わせ方、独特ですよね。

左右にすごく開けて、首の付け根を露わにされています。

これ、普通の女性がやったら下品になると思うのですが、IKKOさんだと不思議と似合って見えます。

それによって肩幅が狭く見え、首の太さも気にならず、はんなりと見えます。

肩幅も上背もあるIKKOさんを、如何に着物美人に見せるか、着付け師の腕の見せどころ、といった感じでしょうか。

標準体型の日本人女性なら、あそこまでやる必要はないですが、いかり肩の方は首の横を開け気味に着ることで、撫で肩に見せることができます。

やり過ぎ注意ですけどね😅

というわけで、トルソーに着せて比較してみました。

和装用のトルソーなので理想体型に作られていますから、普通に着ても決していかり肩ではないのですが、IKKOさん風にしたら、さらに撫で肩に見えます。

分かりやすいように大げさに差をつけてみました。

繰り返しますが、やり過ぎると下品になりますので要注意です😁

ちなみに、IKKOさん風のほうは、必然的に衣紋も大きく抜くことになります。

半衿の模様の位置を比べると、その差が感じられるかと思います。

着る人の体系に合わせて立体的に作る洋服に対して、平面の布を身体に沿わせて着付ける着物。

様々な体系に順応できる懐の深い衣服。

とても日本的だなぁと思います。

カテゴリー
着付けあれこれ

衣紋でコスプレ?

着物姿の一番の見どころといえば、どこだと思いますか?

まずは美しい着物の柄や、見事な帯などに目が行くことかと思いますが、私は衿元や衣紋(えもん:衿の後ろの部分)の抜き具合に注目してしまいます。

着物を自分で着られる方の中で、一応着れるようになった後も、なかなか思うようにいかない代表的な部分が「衣紋が抜けない」という点かと思います。

今回はトルソーを使って、衣紋の抜き具合の比較画像を撮ってみました。

最初に、衣紋を全く抜かない着かた。

男性や子供は衣紋を抜かないで着ます。

女性でも、長い髪をあえてアップせずに垂らすとき(袴姿の時など)は、衣紋を抜かずに着ることもあります。

次に、少し控えめに抜いたもの

横向きの画像で、上の画像と見比べると違いがよくわかるかと思います。

前向きの画像は、着物の衿が首に対して立っているか寝ているかの違いに注目してください。

最も一般的で、見ていて安心する感じです。

若い女性はこのくらいの抜き具合がいいのではないでしょうか。

続いて、少し多めに抜いてみました。

後姿の画像ではそんなに違いがわかりませんが(撮った角度にもよる)

横からの画像で比べると、少し深くなっていることがお分かりいただけるでしょう。

前向きの画像は、着物の衿が首に対してさらに寝ている状態です。

このくらい抜くと、こなれ感が出ます。

ちなみに「スレンダー着付け®」の着かたは、このくらい衣紋を抜きます。

そのほうがスレンダーに見えるからです。

最後に、思いきり抜いてみました。

ここまで抜くと芸妓さん風になりますので、素人がやったらコスプレになってしまうかもしれません。

横向きの画像は明らかに違いが分かります。

前向きの画像も、着物の衿が肩の線に同化しています。

帯結びも粋に「柳結び」にしてみました。(初めて結びましたが、手先の処理の仕方に目が点になりました)

女性が衣紋を抜くようになったのは江戸時代中期からとのことです。

理由は、日本髪の「たぼ」(うしろの部分)が衿に付かないようにするためだそうです。

今は日本髪を結うことは結婚式など特別な場合に限られるので、普段は衣紋を抜かなくても問題ないのでしょうが、衣紋の抜き具合で、若く見えたり艶っぽく見えたりするのでファッションとして楽しめばいいのだろうと思います。

色々と書きましたが、究極「自分に似合っているかどうか」だと思っていますので、堅苦しく考えず、まずは着物を着てみてほしいと思います。

カテゴリー
着付けあれこれ

透け具合の比較

着物の季節の決まり事は、

袷(裏地付き)が10月〜5月

単衣(裏地なし、透けない)が6月と9月

薄物(夏物、透け感あり)が7月〜8月

ということになっていますが、今は昔と違って暑い時期が長いので、普段着きものの時は、あまりとらわれずに着ています。

先日(6月中旬)に化繊の絽の着物を着ました。

下に着た半襦袢と裾除けを白にしたので透け感があって、ちょっとこれは早かったかなと思い、今回は、同じ着物ですが下に黒の半襦袢と裾除けを着てみました。

比較画像を見ると、やはり黒のほうが透けなくて、本来6月に絽は早いけどそれほど違和感がなくいい感じ。

普段着きものは、そんなにしきたりに左右されなくてもいいとは思いますが、やはり外に出たら着物に詳しい方に遭う(“会う”ではなく遭遇する😁)こともありますので、やり過ぎ注意かな、と自戒の意味で記しておきます😅

カテゴリー
着付けあれこれ

着姿の比較

図らずも、面白い比較画像が撮れたので載せておきます。

同じ着物を2日連続で着ました。

下に着た半襦袢は変えました(帯も違いますがここは問題にしません)。

1日目の半襦袢は、衣紋(えもん)が抜けやすく作られたもので、2日目は普通のもの。

何も考えずに着たところ、1日目は衣紋がしっかり抜けましたが、2日目はあまり抜けていませんでした。

さらに、裾の長さも違っていました。これはたまたまなので半襦袢のせいではないのですが、踵が見えるか隠れるかで、股下の長さが違って見えます。

衣紋が抜けているほうは、腰の位置が高く見え、裾の長さと相まって余計に脚が長く見えます。

1日目のほうが背筋がピンとして見え、2日目は猫背に見えます。

着物は洋服と違って、基本の形は同じです。でも、着かたによって脚が長く見えたり短く見えたり、スラッと見えたりずんぐりと見えたりします。

目の錯覚で、数センチ、いや数ミリの違いが大きく印象を変えたりします。

ここが着物の面白いところ。

様々なシーンに応じて着分けることで、一枚の着物でも様々に演出できる。幼く見せたり艶っぽく見せたり、使い分けられるようになったら楽しいだろうなと、まだ「たまたま」そうなってしまうレベルの自分は、思うのであります😅

カテゴリー
着付けあれこれ

晴れ着は苦手

「着付け講師の資格を取ったんです」と言うとほぼ間違いなく「着付け師」になったんだと勘違いされます。

私自身も、講師養成講座を終える頃までその違いが分かっていませんでした。

着付け師の資格を持たれている方々は、美容師さんを始めとして沢山おられます。そのお仕事は、成人式や結婚式などイベントのときに着物を着せ付けてあげること。

着付け講師をされている方には着付け師の資格も持っておられる方が多いと思います。なぜなら、講師の資格を取る前にその教室の着付け師の資格を取る必要があるという教室が多いから(と思う)。

私は50代後半で着付け“講師”の資格を取りました。それまでは独学でYouTubeや本などで練習していましたので、いわゆる着付教室には通っていません。

なので、着付け師ではありません。

★着付け師というのは、人さまに着物を着せてあげる人。

★着付け講師は、着物を自分で着たいと思っている人に着かたを教えてあげる人。

実は私は40代あたりまで、着物が好きではありませんでした。

なぜかというと、

①自分で着られないから

②汚れた時、自分で洗えないから

③動きづらいから

半世紀以上前の紐落としの写真。これ、私です😅見事な仏頂面です🥴 恐らく重たいし自由に動けないしで、嫌で仕方なかったのでしょう。このショットだけではなくこの日の写真は一枚も笑ってるものがありませんでした🤣

きっとこれがトラウマになって着物が嫌いになったんだろうと思います。

そんな私が今は着物が好きになり、着付けの教室をやろうとしているのはなぜなのか。

それは、①〜③が解消されたからだと思うのです。

①⇒自分で着られます 

②⇒洗える着物の存在を知りました

③⇒着ていて疲れない着かたができるようになりました

私が着付け師ではなく着付け講師になったのは、誰かに着せてあげたいからではなく、自分で着られる人を増やしたいから。

大切な晴れの場で“晴れ着”を着るのなら、着付けてもらうほうが安心。自分で頑張って着たとしても、途中で着崩れたり集合写真をあとで見て着姿がイマイチだったりしたら、一生後悔しますからね。

でも着せてもらっているだけでは、いつまで経っても自分で着られるようにはなりません。

昔の人達は着物で毎日暮らしていました。着物で家事育児をこなしていました。そこまでは無理としても、ちょっとおしゃれしてお出かけしたい時など、何を着たらいいかなぁと悩んでいるようなら、是非着物を着ましょう☺️

着物が自分で着られたら、装いのレパートリーが増えますよ☺️

いちいち人に頼まなくても自分で着られたらいいと思いませんか?☺️

最後に、晴れ着でなくウールの着物を着ている2歳頃の写真を貼っておきます。姉の紐落としの晴れ着姿の横で満更でもない顔😅

同じ自分と思えません🤣

ウールは軽いし動きやすかったのでしょうね😅

今もウールの着物、好きです😁

カテゴリー
着付けあれこれ

自分で着られるようになると…

日本の各家々には、タンスにしまわれたまま出番がほぼない状態のお着物が残っていることが多いです。

着物を自分で着られるようになると「着物、要る?」と聞かれるようになります。

亡くなった祖母や母のものなんだけど、もう自分は着ないから〜といって捨てるのも気が引けるし、リサイクル業者に売ったら二束三文にしかならないし……え?あなた、きもの着られるの?あげようか?

となるわけですね😅

そう言われて、素直にいただいているうちに保管場所に困るように😅

最近はお断りしていたんです。

もうしまう場所がないからと。

そんななか、友人から「着物要る?」LINEがきました。

最初は断ろうと思いましたが、ふと、生徒さんの練習用に使えるかも🤔と思い、貰うことにしました。

古着なので衿や袖の汚れが気になり、丸洗いに出しました。

丸洗いというのは、ドライクリーニングと同じ要領で、解いたりせずそのまま石油系の溶剤で洗うやりかたです。

油汚れは落ちますが古いシミや水溶性の汚れは落ちにくいので、完璧に汚れが無くなるわけではありませんが、ある程度きれいになります。

ウン十万〜ウン百万するような上等な着物はちゃんとした悉皆屋さんに頼まれることをおすすめしますが、リサイクルで安く求めたものなどは、一度丸洗いに出すことで臭いなども取れて気持ちよく着られるようになります。(金糸銀糸は変色の可能性あり)

というわけで、丸洗いに出していた2枚が帰ってきました。

気になった衿、袖口の汚れが気にならない程度に落ちていました。

着付けの練習に、上等な着物はちょっと使いづらいと思うので、そういう方に、丸洗い代金相当額(4〜5千円)でレンタルしようと思います。自宅での復習が大事ですから持って帰って使ってほしいのです。

身長150〜165cmくらいの標準体重の方くらいまでなら、大体いけると思います。

ちなみに、私は普段は木綿やウールや化繊など、自分で洗えるきものを着るようにしていますので、リサイクルで求めるものも自分で洗えるかどうかを基準にしていますが、譲っていただく着物たちは正絹のものがほとんどですので、貰ったはいいけど汚れが〜臭いが〜というものもありますね。

着物って仕立てるときは高価なので、それをタダで貰ったりしたら申し訳ないという気持ちも出てきます。でも結局自分の好みとは違う物に保管場所を確保したりクリーニング代を掛けたりしないといけないわけです🥴

自分で着られない方にとって、そのあたりがわかってもらいづらいのですが、差し上げるときは寄付する気持ちでお願いします😅

いただく側は着物文化を絶やさないための社会貢献だと思って頂いておりますので(大袈裟😁)